じんましん

症状と原因


「蕁麻疹」とは?

皮膚に蚊に刺されたような赤みのある膨らみができ、数時間で消えます。多くの場合、強いかゆみを伴います。
症状は皮膚の柔らかい部分に出やすく、日々出没をくり返す場合もあります。
ヒスタミンの作用で皮膚の血管が膨らむと、皮膚が赤くなり、血液の液体成分(血漿)が漏れ出し皮膚の赤みや膨らみが生じます。また、ヒスタミンはかゆみの原因物質でもあります。


「蕁麻疹」の原因は?

食べ物や薬物などに対するアレルギー反応や、気温の変化、動物・魚介類などとの接触、感染症など、その原因はさまざまです。
疲労やストレスが原因となることもあり、原因不明のものも少なくありません。
わが国では5人に1人の割合で、一生のうちに一度は蕁麻疹を経験するといわれています。



 

セルフケア




治 療

◇蕁麻疹の原因である「ヒスタミン」の働きを抑える、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の飲み薬が治療の基本です。
◇蕁麻疹の原因が分かっていれば、原因を避けることが大切です。
◇重症の場合にはステロイド薬の飲み薬を使うこともあります。
◇外用薬(塗り薬)が処方されることもあります。