ステロイド(副腎皮質ホルモン)編

最近、「ステロイド外用剤だけは使いたくない」とおっしゃる患者さんが少なからずおられます。「ステロイドを使うと強い副作用が出てこわいから」というのが、その主な理由のようです。
ステロイド外用剤を安全に、そして効果的に治療に使用するためには、この薬の特性についてよく知り、正しく使用することが何よりも大切です。


Q. ステロイド外用剤を一度使用すると、やめられなくなる?

A. ステロイド外用剤は炎症を抑える薬で、病気そのものを治すものではありません。患者さんの症状に合わせて使用するかどうかを決めますが、病気によっては、すぐにやめることのできる場合がたくさんあります。
その逆に、長期にわたって治療を続けなければならない場合もありますが、ステロイド外用剤だけで治療を続けるわけではなく、また使用量も、治療の開始時に比べれば、次第に少量ですむようになるのが普通です。
長期にわたる治療が必要な場合は、副作用が起こらないように、薬を上手に使っていきながら、症状を改善していきます。


Q. ステロイド外用剤を中止すると、リバウンドが起こると聞きますが?

A. 慢性の病気では、症状が落ち着いているようにみえても、病気としては続いています。自分勝手に判断して、ステロイド外用剤をはじめとした治療を中止すると、病気は再び勢いを増して、時にはとてもひどい症状になることがあります。これをステロイド外用剤のリバウンドと一般的に呼んでいるようですが、これは間違いで、中止の仕方が適切でないために、単にもともとの病気が悪化したものです。
症状を悪化させないためには、自分の勝手な判断で中止することなく、医師の指示どおり、上手に減らしていくことが大切です。


Q. ステロイド外用剤を使用すると、ニキビなどができやすくなる?

A. ステロイド外用剤を使用した場合、全身的な問題はありませんが、薬を塗った部分の皮膚の免疫力が低下します。そしてその部分に細菌、カビ、ウイルスがついて、ニキビやおできができやすくなることはあります。
このような状態になると、いままでとは違った症状が現れてくるので、「症状が変わった」と感じたら、すぐに医師に相談して下さい。


Q. ステロイド外用剤を使用すると、色が黒く残ってしまうって本当?

A. 日焼け後の肌のように、皮膚の炎症が治まった後に色素が残り、肌が黒くなることがあります。ステロイド外用剤を塗った後に色が黒くなったように感じるのは、炎症の赤みで見えなかった色素が、ステロイド外用剤の使用により炎症が治まることで、かえって目立ってくるからです。その色素も時間とともに徐々に薄くなってきます。


Q. 妊娠中や授乳期にステロイド外用剤を使ってはいけませんか?

A. 妊娠中の薬の使用は、胎児への影響を考えて誰もが不安に感じるものです。しかし、ステロイド外用剤を必要とするような皮膚の症状がある場合、薬を使わずに症状を悪化させてしまうと、不眠などの原因になることもあり、妊娠への悪影響も心配されます。医師に相談しながら、症状に合わせたステロイド外用剤を上手に使っていくことが大切です。


Q. ステロイド外用剤は皮膚に蓄積するって聞いたけど?

A. ステロイド外用剤が皮膚に蓄積することはありません。
もし、蓄積するのであれば、使用を中止してもしばらくは効果が持続するはずです。しかし実際は、ステロイド外用剤を突然中止することで症状が悪化してしまう事実からも、皮膚に蓄積していないことがわかります。



Q. ステロイド外用剤を使うと、成長障害が起こるって本当?

A. 乳幼児にステロイドを内服や注射で長期間使用した場合には、成長障害が起こる可能性はあります。しかし、ステロイド外用剤の場合は、医師の指示どおり通常の塗り方をしていれば、体内に入っていく量はわずかですので、そのような心配はほとんどありません。
そうはいっても、特に乳幼児の場合は、十分注意しながら、ステロイド外用剤を大量・長期に使用しなくてすむように、医師の指示をきちんと守ることが肝心です。